BYOD(自分のデバイスを持参)

自分のデバイスの持参(BYOD)- 自分のテクノロジーの持参(BYOT)と自分のPCの持参(BYOPC)を含み、生徒(もしくは従業員)が個人所有のモバイルテクノロジーを学校や職場に持ち込むこと、そしてこれらのデバイスを使って情報やアプリケーションにアクセスすることを許可するポリシーです。

NetSupport Schoolは、独自の提案をします。中央サーバーまたはオンラインクラウドベースの配信に依存しないソリューション、無限に拡張可能ですべての教室のプラットフォームに専用の生徒アプリケーションを提供するソリューション。NetSupport Schoolは、シンおよびゼロクライアントに加え、仮想環境向けのフルサポートを提供します。したがってBYOD提供方法に関係なく、NetSupport Schoolは、動作します。

サポートBYOD

NetSupport Schoolは、個々の学校から国主体の教育省のプロジェクトまで世界中で展開されています。

次の図は、NetSupport Schoolのプラットフォーム対応の概要です:

学生のデスクトップ、ラップトップ、モバイル機器
学生のデスクトップ、ラップトップ、モバイル機器
学生のデスクトップ、ラップトップ、モバイル機器
学生のデスクトップ、ラップトップ、モバイル機器
学生のデスクトップ、ラップトップ、モバイル機器

登録して最新情報を入手